池袋で27歳のOLと飲み&セックス

ある日すごく興味深いサイトを見つけました。
セフレが欲しい!セフレの作り方というサイトです。
このサイトをきっかけに出会い系を始めてみようと思いました。

仕事している女性が狙い目

出会い系サイトを利用している女性は20代前半の若い世代の人が多いというイメージがありますが、実は仕事をしているOLなど20代半ばから後半の女性が欲求不満になって出会い系サイトの掲示板に投稿しているのです。

私はその情報を聞いてから20代前半の若い女性から仕事をしているOLなど20代半ばから後半の女性に狙いを定めるのを変えてみました。
その結果ハッピーメールを利用していた時にものすごいエッチな体験をする事が出来ました。

OLの女性狙いでしたので午後になってから出会い系サイトのハッピーメールの女性の掲示板を閲覧していきました。
すると私の読み通りに仕事中のOLがいろいろ刺激的な投稿をしていました。

そこで私が目を付けたのが27歳のOLの女性の投稿で仕事が終わった後に気晴らししたいという男性をその気にさせるような投稿がありました。私は迷う事なくこの27歳OLの女性に狙いを定めてメールを送ってみる事にしました。

池袋の公園で待ち合わせ

私は27歳のOLの女性に仕事が終わったらとりあえず飲みに行きませんかと誘いのメールをしてきました。
すると女性もお酒がすごく好きで飲みに行きたいみたいで仕事が5時で終わるみたいなのでそれ以降なら大丈夫という事でした。

女性の職場は池袋なので待ち合わせ場所はヤマダ電機の裏の公園にして6時に待ち合わせる事にしました。
公園で待ち合わせた時の目印として女性は紺のスーツで髪の毛は長めというのをサイトのやり取りで教えてもらいました。

私は池袋まで電車で30分ぐらいで行けるので電車で行く事にしました。
実際少し早く池袋に行ってカフェに入って女性と待ち合わせてからの流れを自分なりにシュミレーションして準備しました。それで女性と行くとこまで行ければいいと思いました。

スーツなのにスカートが短い

女性との待ち合わせは6時でしたが私は5時半に公園で待って様子を見ていました。
それで6時になったのでそろそろ女性が来るかなと思った時に紺のスーツをした女性がひとりで来て周辺を見回していたのでこの女性だとすぐに分かりました。私から女性に声をかけてみたらやはりサイトでやり取りをしていた女性でした。

女性は身長が低めですこし巨乳気味でした。しかもスーツなのにスカートが短めでしたので何か意図があるのかなと思ってしまいました。
とりあえず近くの居酒屋で飲む事になりました。女性はビールが好きみたいなので生ビールで乾杯しました。

私は女性がサイトの掲示板に書き込んでいた気晴らししたいという意味をさりげなく聞いてみました。
すると女性の顔が少し赤くなってきて恥ずかしがりました。

何を言いたいのかすぐ察知出来たのでストレートに飲んだ後ホテル行こうと女性を誘ってみました。
女性も迷いなくOKしてくれました。ホテル行くまでにお互いのテンションを上げたかったので生ビールをそれぞれ3杯ずつ飲んで適度によった状態でホテルに行く事にしました。

女性の興奮の仕方がすごかった

居酒屋を出た後に少し歩いたらラブホテルがありましたので3時間の休憩で入りました。
部屋に入ってドアを閉めたらお互い目が合ってそのまま激しく抱き合いました。

私も女性も完全にスイッチが入ってお互いの体を求め合いました。女性の興奮の仕方が半端なかったので刺激的なセックスをする事が出来ました。女性は仕事でストレスが溜まっていて、セックスもご無沙汰みたいでしたので気晴らし出来て良かったと言ってくれました。

私も久しぶりに刺激的なセックスが出来たし女性との相性も抜群でしたので今後もセックスフレンドとして関係を続けたいと思いました。
ホテルを出る前に女性と連絡先を交換する事が出来てその後も関係は続いています。

ハッピーメールで暇と身体を持て余している池袋の人妻熟女をゲット!

今いるエリアにいる相手を探せる

アダルトビデオの熟女ものを見るのが好きで、ビデオに出演している女優さんが働いているデリヘルまで、遊びに行ったりすることもよくありました。
ただ、女優さんと遊んだ帰りの電車の中で、どうせならプロの女優さんではなく、素人の熟女さんとそうした遊びが出来ないかなと思うようになり、出会い系サイトを使ってみようと思い立ったのでした。

大手出会い系サイトの中からハッピーメールを選んだのは、狙ったエリア内で登録している女性の居場所がGPSで分かる機能があると知ったからです。ハッピーレーダーというのですが、これがお相手探しにとても役に立ちました。

なにしろ大塚でアダルトビデオの女優さんを指名して遊んだ帰りの池袋ですぐ、プロの女優さんよりよほどエロい素人の人妻さんとエッチすることが出来たのですから。

相手は都内在住の36歳の人妻さんでした。見るからにエロそうな顔立ちで、すぐにもしたそうな感じが写真からも出ていました。

難しいテクニックよりもフィーリング勝負

このハッピーレーダーという機能は、ハッピーメールに登録している会員のすべてが有効にしているわけではありません。ですから、自分の意思で登録している女性の所在だけが分かる仕組みになっています。ということはつまり、すぐにも会う意思のある女性が登録しているということなんですね。

逆に言えば、サクラの類の業者さんは間違っても登録していないということでもあるわけです。なにしろ自分の今現在いる位置を知らせるわけですから、メールだけで引っ張ってポイントを稼ぐタイプの人はいないということです。

まだ登録している会員さんは少ないシステムなので、これに登録している人はズバリすぐ会いやすい女性だということがいえます。

前置きが長くなりましたが、大塚から山手線で池袋に向かう車中でハッピーレーダーを立ち上げると、複数の女性が駅周辺にいることが分かりました。東武デパートの近く場所にいた女性にメールを送ると、10分以内で池袋で会えるなら、会ってもいいという返事でした。

土地勘のある場所だから自在

私が池袋に向かっていたのは、帰宅するため東武東上線に乗り換える積りでしたから、東武デパートは勝手しったる我が家のようなものです。階段やエスカレーター、エレベーターの位置まで熟知していますから、待ち合わせの場所にも事欠きませんでした。

まず迷うことのない分かりやすい場所で落ち合う手はずを整え、はやる気持ちを抑えて面接会場に向かいました。あまりに急に決まった面接なのと、すぐちょっと前にアダルトビデオの女優さんに遊んで頂いた直後ということもあり、気持ちははやりながらもあった瞬間勃起することもない状態で面接に臨めそうでした。

大階段の近くで対面した彼女は写真よりも色っぽい本当の熟女さんでした。何よりいい匂いの香水にくらくらでした。さっき遊んだアダルトビデオの女優さんより数段色っぽい・・・・・

一発で気に入ってしまい、うわずりながら彼女に「モロ俺のタイプです!」と正直に話すと、くすくす笑っていましたので、嫌そうではないなと直感しました。

いざラブホテル街へ

会ってすぐなのに彼女の肩に手を廻しました。まるで何年来の恋人みたいな感じで。彼女もそれをされることが嫌ではないらしく、終始微笑んでいました。会話はたわいもないことでしたが、それで十分で、間が空いたりすることもありませんでした。

そうこうしているうちに以前利用したことのあるホテルの前に着きました。肩に回した手を少し強く握り、入ることを促しました。最初は少し抵抗するような素振りをしていましたが、すぐに従ってくれました。

部屋に入るなりディープキスをしました。フロントから入室確認の電話が来るまで、時間にして数分ですが、彼女のいかにも熟女さんらしいふくよかな身体にむしゃぶりつきました。

電話で用件を済ましたあとはベッドに身体語と押し倒し、犯すように一回戦を終えました。

それから会っていませんが、たまに彼女のいやらしい身体を思い出しては股間を膨らませています。

ハッピーメールを使ってみた結果…セフレ量産サイトであることが判明w

僕は彼女探しでハッピーメールを使っていたら、エロすぎる体験をしたので紹介します。
それは今から1ヶ月前のことでした。
僕は1人でいることが寂しいなと感じていて、何か良い出会いがないかとハッピーメールで彼女を探してみることにしました。
会員登録をして東京に住んでいる人に絞って検索してみると沢山の女性が出てきて、僕はワクワクしていました。
その女性の中から20代でフリーターをしているふわふわした雰囲気の可愛い女性を見つけました。

僕はその女性が結構タイプだったので、仲良くなりたいなと思って簡単な自己紹介を書いたメールを送ることにしたんです。
メールを送って3時間くらい経った頃、彼女から同じように簡単な自己紹介が書かれたメールが送られてきました。
それから、お互いの私生活や仕事についてのメールを何通か交わし、良い雰囲気になってきたので、僕は勢いで会いたいというメールを送りました。

すると彼女から「私も会いたいです。いつが空いていますか?」と来て、彼女の方が乗り気だったので嬉しくなりました。
2人の都合の良い日に会うことになり、当日になるまで僕の頭の中はデートのことで頭がいっぱいで、あわよくばホテルに…なんてことを考えていたんです。

デート当日に夕方、待ち合わせ場所である渋谷のハチ公前に行くと、彼女がすでに待っていました。
僕が急いで駆け寄ると、僕に気づいた彼女は笑いながら手を振ってくれ、僕は彼女に待たせたことを謝りましたが、「私も今きたところだから大丈夫だよ。」と言ってくれました。

近くで見る彼女はハッピーメールで見た写真よりもすごく可愛くて、もっと彼女を好きになっていく自分。
渋谷をブラブラ歩きながら、彼女が行きたいと言ったお店に入って、店内を物色しながら楽しい時間を送っていました。
そんなこんなで夜になり、近くのファミレスでご飯を食べることになりました。

注文した料理を待ちながら、彼女と恋愛の話をしていると、彼女はすごく可愛いのにあまりモテない方だと言っていて、それがすごく可愛いなと感じました。
ご飯も食べ終わり、次はどこに行こうかと言う彼女がなんだか僕を誘っているように見えたので、「ホテルとか?」と軽いノリで彼女に聞いてみたんです。
すると彼女は1分くらい無言で俯いて何かを考えている様子でしたが、パッと頭を上げて「うん。行こっか。」と短く答えました。

それからラブホテルまで歩いていったのですがお互い無言で、重い空気に僕は少し緊張してしまいました。
ホテルでチェックインを済ませ、指定された部屋に入ると、いかにもラブホテルという感じの広いベッドが真ん中に置いてあり、彼女がお風呂から上がるまでこのベッドの淵に座って待機していました。
彼女がバスタオル姿で恥ずかしそうに僕の隣に座ってきて、今すぐにでも襲いたい衝動に駆られましたが、必死で抑えて何も話さないまま、僕はシャワーを浴びにお風呂へ。

シャワーを浴び終わった僕は、バスタオル1枚のまま彼女の近くに行き、「いい?」と聞くと、彼女が小さく頷いたので、それを合図に彼女をベッドに押し倒しました。
久しぶりに間近で見る女性の肌は透き通っていて、それを見て下半身が疼いていくのを感じながら、彼女のバスタオルを引き剥がして、キスをしながら胸を愛撫。
彼女の喘ぎ声が僕の耳を刺激してきて、それに耐えられずに彼女の中に僕のモノを挿入しました。
彼女がイッた後、僕もイきながら何回も彼女を突いて結局、お互い3回くらいはイッてしまいました。
明るくなってきた空を見ながら彼女に「気持ち良かった?」と聞くと、彼女は顔を赤くしてコクリと頷き、その表情に堪らず彼女を抱きしめました。
彼女とはその日に恋人同士になり、月に何回かデートをしています。
ハッピーメールを使ってこんなに可愛い彼女をゲットすることができたので、利用して本当に良かったなと思っています。

ハッピーメールで巨乳女子大生と激しいセックスを楽しむ♪

始まりは壮絶なコンプレックス

私は出会い系サイトを使ったのは、30歳を過ぎてからでした。それまではとてもみじめな人生を歩んでいました。
女性にはモテず、恋愛をしたこともありませんでした。もちろん童貞でした。このままで人生が終わってしまうのだろうなと思いながら暮らしていました。

特に合コンなどいくと、周りのとてもノリのいい男たちを見て、凹みまくりどんどんテンションが落ちていき、女の子にも惹かれてしまいます。ずっと恋人がいないことがコンプレックスになっており、周りの男性より劣っているような感じがして、必ず悲しい気持ちになります。

そんな私ですが、出会い系サイトに出会ってからは人生が一変しました。毎日かわいい女の子とハメまくっています。こんなに簡単に女って食えるんだと思いましたね。初めて食べた女の子の例を紹介しましょう。

とりあえずメールを送りまくる

私はリアルでの出会いをあきらめ、出会い系サイトを使って彼女を探すことに決めました。
そちらの方がはるかに効果的だと思ったからです。そこで選んだのは、ハッピーメールというとても有名なサイトで、ここはとても登録者数が多いし、使い方も簡単そうなので決めました。

まあ無理でも元々なんで遊び感覚で使ってみることにしました。自身のプロフィールを登録して使い始めてみると、とても膨大な量の掲示板や日記が投稿されています。
こんなに出会いを求めている女の子がいたんだなと思いました。

早速女の子にメッセージを送ってみます。しかし返信はありません。
少し凹みましたが、リアルのように周りにモテる男子がいないので、とても気楽にできます。
私はとりあえず数を打てばあたると思い、色んな女の子にひたすらメッセージを送り続けました。

もちろん若い女の子をねらって送ります。すると100通ほど送ると返してくれる女の子は数人いました。
とても初心者なので、文章もさえないものが多かったので、この返信率だったのですが、できるだけ興味をひくような内容を送り、文章は短めに送ると返してくれる女の子が多いです。

返してくれた女の子と何度かやりとりをした後、実際に会ってみようよとメールをすると、なんとOK。早速会うことにしました。

大阪心斎橋でデート♪

アメリカ村で待ち合わせしました。
現れた女の子はワンピース姿で現れてとてもかわいい女の子でした。

しかも私の大好きなムチムチしていて小柄な女の子です。おっぱいがとても大きいのが服をきていてもわかります。
女性耐性のない私は一瞬ぶるってしまいましたが、ここが勝負だと思いましたので、自身満々で行きます。

軽く挨拶して下調べしておいた洋食の名店に行くことにします。歩きながら会話していると、プルンプルンとおっぱいが揺れてたまりません。
もう食事のことなど考えられなくなります。

ムスコはびんびんに反応しています。セックスすることになるかもしれないので、AVと技術書で勉強もしてきました。食事は食べましたが、あまり味は覚えていません。
もうセックスのことしか考えられないのです。すぐホテルに誘いたかったのですが、どうしても言えず、カラオケでもいく?とカラオケに誘いました。

カラオケ店でたまらずセックス♪

カラオケに行き、店内に入ると、彼女は上着をぬぎました。

胸元があらわになり、その瞬間理性が抑えられずに彼女を抱きすくめてしまいました。
彼女は一瞬戸惑っていましたが、すぐにそのモードになり私にされるがままにしています。
今までの鬱屈した人生を取り戻すように彼女にむしゃぶりつきます。

もう最高です。そのまま、テーブルにねかせてハメてしまいました。とても気持ちよかったです。
この体験はとてもレアな体験だったのですが、コンプレックスを払拭するには最高でした。
出会い系サイトはそれ以来ちょくちょく使って女の子と遊んでいます。もしリアルで出会うのが難しい人がいれば、迷わず出会い系サイトを使ってみてほしいですね。人生が一変するかもしれません。

大阪梅田で22歳の巨乳OLとセックス♪

40代でも20代の若い女の子とエッチできる

私は、40代のおじさんです。
40代でも中にはとても見た目が若くてかっこいい人もいますが、私はとても普通のおっさんです。

しかしいくつになってもかわいい女の子とエッチしたいものです。風俗はお金がかかりすぎますし、第一ムードもなく、相手も仕事でやってるので冷めています。私はもっと自然にラブラブエッチを楽しみたいのです。

リアルではやはり出会いが少ないです。私は自由業で会社にも通っていませんし、合コンなどをすることもありません。
そこで出会い系サイトを利用することにしました。使ったサイトはpcmaxです。ここは、登録者数が非常に多いとのことでしたので選びました。早速使ってみます。

女の子のプロフィールを見て若い女の子を探します。やはりエッチするなら若い子がいいにきまっていますからね。そしてできるだけM気質な子がいいです。とてもおとなしそうな内容のプロフィールを選びます。読書や映画鑑賞などの趣味だとMの可能性が高いです。目星をつけた女にメッセージを送りまくります。

ある女の子とメールのやりとりを楽しむ

そうしてメッセージを送り続けていても、あまり返信は返ってきませんが、数を打てば返ってきます。
やはり相手も年齢は重視しますので30代後半と名乗ります。30代ならOKという人は多いからです。

返ってきたメッセージには必ず返信します。あまり奇をてらった文章は送る必要がなく、普通に楽しく会話をすることを心がけます。
結局はこれが一番いいです。こちらも文章を考えて疲れる必要もありませんし、考えたら間違いなく受けが悪いです。

あくまで自然に、楽しくが基本です。20代の女の子とメールをやる仲になり、1か月ほど経つと実際に会う約束をしました。その子は映画鑑賞が好きとのことでしたので、最新の映画に誘いましたらすぐOKしてくれます。

大阪の梅田で待ち合わせ

私も彼女も関西に住んでいましたので、待ち合わせは梅田にしました。
梅田は映画館も飲食店もたくさんありますし、ホテルもたくさんあります。
私はセックスする気満々でしたので、ホテルは絶対必要ですね。

待ち合わせにやってきた女の子はとてもかわいい子でした。芸能人でいうと、西田麻衣ちゃんのような感じです。顔はとても童顔で体はむちむちしていておっぱいが大きいのが服をきていてもわかります。
女の子は私のおっさんぶりに最初戸惑っていました。しかしここで気持ちが折れてはいけません。
見た目や年齢なんてものは慣れて、次第にどうでもよくなるものです。
我々おっさんは最初の顔合わせの時だけは、気持ちを強く持ちいきましょう。早速映画を見に行きます。梅田にはとても大きい映画館があるのでそこに行きます。周りの目が私たちを見てきます。明らかに不釣り合いな二人です。

ひとりはめちゃかわ女の子、ひとりはくたびれたおっさんです。とても気分がいいですね。モテ男になった気分です。
映画で一緒にポップコーンを食べながらみると、会話がなくとも仲は近まります。私はもうすぐにセックスしたかったので、映画を見ている間もさりげなく、手を握ったり、太ももを触ったりします。
大抵の女の子はこれで感じてしまい、エッチモードになってしまいます。しかしM気質の子でなくてはダメです。

気の強い女はこれをすると、切れて帰りますが、M気質で優しい女の子は断れなく、次第に体が感じ始めてしまうのです。映画を見ている間は、優しく愛撫し続けました。映画が終わるころには、おっぱいももみまくれるようになっていました。私もビンビンになっています。

ホテルに直行

映画館を出ると、女の子はうっとりしていました。
その様子を見てすぐにホテルに向かいます。ホテルのドアを開けるとすぐにズボンを脱ぎフェラチオしてもらいます。

女の子は嫌がる様子もなく、すぐにしゃぶってくれます。たまらずに服を脱がせておっぱいにむしゃぶりつきます。
めちゃくちゃ大きく、綺麗なおっぱいです。やはり若い女は最高です。たまらずすぐに挿入します。

経験がまだ少ないのか、あそこの締まりも最高でした。すぐに射精してしまいます。とても気持ちがよかったです。
終わった後は、特に食事に行く気とかもなかったので、それで帰宅しました。

その子とは時々会って、エッチしてます。他にもエッチ友達が何人か出来ました。男ならいくつになってもセックスしたいものですよね。出会い系サイトはその夢をかなえてくれました。感謝してます。

pcmaxでセフレ簡単に作ったったww

僕がpcmaxを使って暇つぶしをしていると、めちゃくちゃエロい体験に出会ってしまった話をしたいと思います。

それは今から半年前のことです。

僕は彼女がいない独身で友達も少なく休日に遊べる人がいなかったので、出会い系サイトのpcmaxを使って暇つぶしをすることにしました。

このpcmaxは以前から利用していて、今までで2人の女性とデートをしたことがあり、今回もデートをしてあわよくばその先に進めればと、淡い期待を抱いてサイトを開きました。

僕と同じ東京都在住で20代前半の女性に絞って探していると、ミディアムヘアでクールな雰囲気で僕のタイプの女性を見つけ、その女性にメールを送ることにしたんです。

メールには「はじめまして、良ければ絡みませんか?」という、いたって普通のメールを送って、返信を待つ間に彼女のプロフィール欄を見ていくことにしました。

彼女は25歳の新宿区在住、薬局で働いていて、趣味はサイクリングと、結構アクティブな女性なんだなと感じました。

彼女のプロフィールを見ているとメールの返信が届き、内容を見てみると「はじめまして、私でよければ絡みましょう!」と写真のクールな雰囲気とは違い、テンション高めのメールでした。

僕はそれに少し動揺してしまいましたが、すぐに「LINEしない?」と短めに返信。
すると、彼女からLINEのIDが書かれたメールがきたので、僕はすぐさまLINEでそのIDを検索して友達登録とpcmaxで使っていたニックネームを送って、彼女に軽く挨拶しました。

1分くらいで彼女から返信がきて、それから1週間くらいは毎日朝から晩まで彼女と連絡を取り合いました。

彼女もフランクになって、良い感じの仲になってきたので、僕は「暇な日に遊ばない?」と彼女にデートのお誘いをしてみたんです。

僕のお誘いに彼女は「いいよ!じゃあ、ディズニーシーでも行く?」とカップルがデートで行くような場所を指定してきて、これは期待してもいいのかなと、少し舞い上がってしまいました。

待ち合わせ時間の10時に遅れないように早めに家を出て、15分前にはディズニーシーに着いたのですが、彼女がすでに待っていて、僕は慌てて彼女のもとに走りました。

「早いね。もしかして凄く楽しみにしてた?」と僕がおちゃらけて言うと彼女は「うん。早く中に入ろうか。」と可愛い返事をくれて、僕の手を引っ張ったんです。

写真で見た彼女とは思えない可愛い仕草に僕はドキドキして、アトラクションに乗っている時も全力ではしゃぐことができませんでした。

服装は黒のジャケットに紺のパンツ

でクールなカッコイイ女性なのに、可愛い仕草とのギャップに僕はノックアウトされ、ディズニーシーを出た後はホテルに直行しようと思いました。

日が暮れ、アトラクションもほとんど乗れて彼女は満足そうだったのでディズニーシーを出て、次は何処に行こうかという話になったんです。

これは言うしかないと、僕は意を決して「ホテルはどうかな?」と彼女に言ってみると、彼女は顔を赤くしながらも「そう、だね。行こう。」と承諾してくれ、僕たちはホテルに向かうことにしました。

ホテルの部屋に入り、順番にお風呂に入って彼女が座っているベッドに僕も腰を下ろして「いい?」と短めに彼女に声をかけ、彼女の「うん。」という言葉と同時に僕は彼女に抱きついてベッドに倒れました。

最初は緊張していた彼女でしたが、次第に快感に身を任せ、直に胸を揉むと可愛い喘ぎ声。

僕もそろそろ限界だったので、彼女のパンツと下着を脱がせ、嫌な表情をしなかった彼女を確認してから彼女の秘部に僕の肉棒を挿入しました。

僕は「可愛いよ。」と何回も言いながら彼女がイクまで頑張って中を突いてあげたんです。

イッた彼女は肩で息をしながらベッドに沈み込み、僕も彼女の横に並ぶようにベッドに倒れました。

余韻に浸っている彼女を見ながら、「また、デートしよう。」「うん。」と、僕は彼女と次のデートの約束をしてホテルを出ました。
彼女とはそれから1ヶ月に5回ほど会って毎回、最後にはホテルに行くことが僕たちの間では自然になりつつあります。