ハッピーメールを使ってみた結果…セフレ量産サイトであることが判明w

僕は彼女探しでハッピーメールを使っていたら、エロすぎる体験をしたので紹介します。
それは今から1ヶ月前のことでした。
僕は1人でいることが寂しいなと感じていて、何か良い出会いがないかとハッピーメールで彼女を探してみることにしました。
会員登録をして東京に住んでいる人に絞って検索してみると沢山の女性が出てきて、僕はワクワクしていました。
その女性の中から20代でフリーターをしているふわふわした雰囲気の可愛い女性を見つけました。

僕はその女性が結構タイプだったので、仲良くなりたいなと思って簡単な自己紹介を書いたメールを送ることにしたんです。
メールを送って3時間くらい経った頃、彼女から同じように簡単な自己紹介が書かれたメールが送られてきました。
それから、お互いの私生活や仕事についてのメールを何通か交わし、良い雰囲気になってきたので、僕は勢いで会いたいというメールを送りました。

すると彼女から「私も会いたいです。いつが空いていますか?」と来て、彼女の方が乗り気だったので嬉しくなりました。
2人の都合の良い日に会うことになり、当日になるまで僕の頭の中はデートのことで頭がいっぱいで、あわよくばホテルに…なんてことを考えていたんです。

デート当日に夕方、待ち合わせ場所である渋谷のハチ公前に行くと、彼女がすでに待っていました。
僕が急いで駆け寄ると、僕に気づいた彼女は笑いながら手を振ってくれ、僕は彼女に待たせたことを謝りましたが、「私も今きたところだから大丈夫だよ。」と言ってくれました。

近くで見る彼女はハッピーメールで見た写真よりもすごく可愛くて、もっと彼女を好きになっていく自分。
渋谷をブラブラ歩きながら、彼女が行きたいと言ったお店に入って、店内を物色しながら楽しい時間を送っていました。
そんなこんなで夜になり、近くのファミレスでご飯を食べることになりました。

注文した料理を待ちながら、彼女と恋愛の話をしていると、彼女はすごく可愛いのにあまりモテない方だと言っていて、それがすごく可愛いなと感じました。
ご飯も食べ終わり、次はどこに行こうかと言う彼女がなんだか僕を誘っているように見えたので、「ホテルとか?」と軽いノリで彼女に聞いてみたんです。
すると彼女は1分くらい無言で俯いて何かを考えている様子でしたが、パッと頭を上げて「うん。行こっか。」と短く答えました。

それからラブホテルまで歩いていったのですがお互い無言で、重い空気に僕は少し緊張してしまいました。
ホテルでチェックインを済ませ、指定された部屋に入ると、いかにもラブホテルという感じの広いベッドが真ん中に置いてあり、彼女がお風呂から上がるまでこのベッドの淵に座って待機していました。
彼女がバスタオル姿で恥ずかしそうに僕の隣に座ってきて、今すぐにでも襲いたい衝動に駆られましたが、必死で抑えて何も話さないまま、僕はシャワーを浴びにお風呂へ。

シャワーを浴び終わった僕は、バスタオル1枚のまま彼女の近くに行き、「いい?」と聞くと、彼女が小さく頷いたので、それを合図に彼女をベッドに押し倒しました。
久しぶりに間近で見る女性の肌は透き通っていて、それを見て下半身が疼いていくのを感じながら、彼女のバスタオルを引き剥がして、キスをしながら胸を愛撫。
彼女の喘ぎ声が僕の耳を刺激してきて、それに耐えられずに彼女の中に僕のモノを挿入しました。
彼女がイッた後、僕もイきながら何回も彼女を突いて結局、お互い3回くらいはイッてしまいました。
明るくなってきた空を見ながら彼女に「気持ち良かった?」と聞くと、彼女は顔を赤くしてコクリと頷き、その表情に堪らず彼女を抱きしめました。
彼女とはその日に恋人同士になり、月に何回かデートをしています。
ハッピーメールを使ってこんなに可愛い彼女をゲットすることができたので、利用して本当に良かったなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です